薄毛 食品

投稿日:

いくら日頃から頭皮ケアを頑張っても毎日の食事が偏っていたり、十分な栄養を摂取することが出来なかったら頭皮環境にも悪い影響を与えます。

そこで、特に積極的に食べて欲しい薄毛に効果抜群の食品をご紹介。もちろん他にもいっぱい食べて欲しい食品がありますが、いきなり沢山の食品を紹介しても無理があるので最低限これだけは絶対に食べてね!という食品を厳選しました!

薄毛に効果抜群の食品5選

1、大豆製品(納豆、豆腐など)

納豆や豆腐などの大豆製品には植物性のたんぱく質が豊富で髪の毛の原料となるのはもちろんですが、それ以外にも大豆に含まれるイソフラボンが「5αリダクターゼ」と呼ばれる還元酵素を抑制することで脱毛の大きな原因となっている「ジヒドロテストステロン」の生成を防ぎます。

2、牡蠣

牡蠣に多く含まれる亜鉛は髪の毛を作るサポート役。亜鉛が不足するとたんぱく質が上手く作れません。亜鉛もイソフラボン同様「5αリダクターゼ」を抑制して「ジヒドロテストステロン」の生成を防ぐ効果が期待できます。

3、レバー(豚・牛・鶏)

レバーにはたんぱく質やビタミンA、ビタミンBが豊富です。ビタミンBはたんぱく質の吸収を高めたり、皮脂の分泌をコントロールします。ビタミンAは頭皮の新陳代謝を促進して頭皮環境を整えます。

4、海藻(海苔、わかめ、ひじきなど

海藻には豊富なミネラルや良質な食物繊維が多く含まれています。その中でも「ヨウ素」は基礎代謝を促進し、髪のヘアサイクルを健康に保つ働きがあります。

5、ナッツ類(くるみ、アーモンド、ヘーゼルナッツなど)

ナッツ類にはたんぱく質やビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEは毛細血管を広げて血流をスムーズにします。血流が改善されると髪の毛に必要な栄養がしっかり届けられるため育毛効果が期待できます。

いかがでしょうか。ご紹介した食品はどれも髪の成長には欠かせないものばかり。日頃から積極的に取り入れてみてください。

では、逆に育毛の邪魔をする薄毛を加速させる食品についてもご紹介します。この食品を毎日食べていると薄毛を加速することになるかもしれないので食べ過ぎには注意して下さいね!

薄毛になる食品とは?

お菓子・ジュース

お菓子やジュースに含まれる糖質は体にすばやく吸収され中性脂肪になりやすいと言われています。中性脂肪は皮脂の主な成分となるのであまり摂取し過ぎると皮脂の過剰分泌の原因となります。皮脂の過剰分泌がおこるとフケや抜け毛の原因となります。

肉・チーズ・卵

肉、チーズ、卵には動物性脂肪を多く含み、お菓子やジュース同様皮脂の過剰分泌の原因となります。フケや毛穴の詰まりを招いて抜け毛のリスクが高まります。

キムチ・唐辛子

キムチや唐辛子などの辛い食品には血行を良くする効果もありますが、反面汗や皮脂の過剰分泌も招きます。その結果、毛穴が詰まったり髪の成長を阻害することになります。

ビール・日本酒

ビールや日本酒などのアルコールを多く摂取すると肝臓に負担がかかり血行が悪くなります。さらに肝臓で作られるはずのたんぱく質が減少したり、アルコールを分解するために使われるアミノ酸が必要以上に消費されることで髪の毛の成長に影響を与えます。

梅干し・醤油

梅干しや醤油には大量の塩分が含まれていて、塩分の取りすぎは高血圧や腎臓の働きを低下させます。高血圧や腎臓の機能低下は血流の悪化も引き起こしてしまうので毛髪に必要な栄養を運ぶための血流も悪化してしまいます。

まとめ

いかがでしたか。薄毛になる食品を普段から食べすぎていた方もいるかもしれませんね。今日からでも遅くないので必要以上に食べ過ぎていた場合は控えるようにして下さい。

私の場合は、特に気になったのが唐辛子と梅干ですね。マイブームが一味でして、毎日食事のたびに一味をガンガン振りかけて食べていました。あと、締めのお茶漬けですね。最後のご飯を1杯おかわりして、梅干しやたくわんなどの辛い漬物でお茶漬けをするのが習慣になっていました。

今は、その悪しき習慣を改めて週に一回の楽しみにしています。あなたも思い当たることがあったらなるべく早く見直し見ることをおすすめします。

⇒フィンジアの効果は嘘!?40代ハゲのブログ

関連記事

・てっぺんがハゲてきた時の正しい対処法

・薄毛ストップ!今日からできる生活改善

 

-豆知識

Copyright© フィンジア 口コミ , 2018 All Rights Reserved.