育毛剤と発毛剤とスカルプエッセンスの違い

投稿日:

薄毛対策のために育毛剤を使ってみよう!と通販サイトやドラッグストアで良さそうな商品をだがしていて疑問に思ったのが「発毛剤」と「育毛剤」と「スカルプエッセンス」の違いです。

なんとなく発毛剤や育毛剤やの方が効果がありそうな気がしますがその真相を徹底調査しました。

発毛剤とは?

発毛剤にはどのような特徴があるのでしょうか?

厚生労働省が認可した医薬品

発毛剤は、厚生労働省が「発毛」「育毛」「抜け毛予防」の3つの効果を認めた医薬品です。医薬品は薄毛の治療を目的とした薬で医師の処方が必要な医療用薬品とドラッグストアなどで市販されている一般用医薬品の2種類に分類されます。

AGAクリニックで医師の処方せんを必要とする「ミノキシジルタブレット」や「プロペシア」は医療用薬品でドラッグストアで気軽に購入できる「リアップ」などは一般用医薬品となります。

配合成分や濃度に制限がある

医薬品に分類される発毛剤は、厚生労働省が定めた効果・効能が認められた成分を決められた範囲内で配合されています。そのため高い効果・効能が期待できます。

副作用の有無

発毛剤は、効果・効能が認められた成分が配合されていて、高い効果・効能が期待できる反面、副作用も比較的起こりやすいと言われています。

具体的には、初期脱毛、頭皮の湿疹やかぶれ、多毛症、低血圧、動悸、立ちくらみ、頭痛やめまい、手足のむくみ、肝機能への影響などが報告されています。

育毛剤とは?

次に育毛剤の特徴を見ていきましょう。

厚生労働省が認可した医薬部外品

育毛剤は厚生労働省が定めた効果・効能が認められた成分が配合された医薬部外品です。医薬部外品に分類される育毛剤は、治療というよりは「防止・予防」といった目的で作られていて、医薬品に比べると作用が緩やかです。

そのため、医薬品に分類される育毛剤の効果・効能は、「育毛・養毛」「毛生促進・発毛促進」「ふけ・かゆみ・脱毛の予防」「病後・産後の脱毛」というように抜け毛予防や発毛しやすい頭皮環境を整えることを目的としています。

医薬品との違いは「発毛効果」が認められてないことです。

配合成分や濃度に制限がある

医薬部外品に分類される育毛剤にも、医薬品に分類される発毛剤と同様に配合成分や配合濃度に制限があります。医薬品に比べ効果・効能が低い成分を一定濃度配合されています。

副作用の有無

副作用に関しては、医薬部外品は作用が緩やかなので比較的起こりにくいとされています。しかし、それは医薬品に比べると、という面もあるのでまったくないと言う訳ではありません。

医薬品のように重篤な副作用は確かに起こりにくいですが、頭皮の湿疹やかぶれなどの軽度な副作用は起こる場合があると思います。

スカルプエッセンスとは?

最後のスカルプエッセンスの特徴です。

最新の育毛成分を自由に配合した化粧品

スカルプエッセンスは最新の育毛成分を自由に配合した化粧品です。化粧品に分類されるスカルプエッセンスは、厚生労働省が効果・効能を認めた成分が配合されていないので一切の効果効能を表現することができません。

スカルプエッセンスの効果といえば、「頭皮・毛髪を清浄にする」「頭皮・毛髪を健やかに保つ」「毛髪にはり・こしを与える」というように医薬品や医薬部外品の効果・効能に比べると何かたよりない表現になります。

じゃあ薄毛対策には効かないの!?

スカルプエッセンスは化粧品に分類されるため、最新の育毛成分を自由に配合できる反面、効果・効能が表現できないので一見薄毛対策は効かないんじゃ・・。と思われがちです。

しかし、そんなことはありません!

というのも、最新の育毛成分が開発されても厚生労働省にその成分の効果・効能を認めてもらうためには、途方もない時間や資料、臨床試験などを積み重ねる必要があります。

最近では、医薬品のミノキシジルの3倍の効果が期待できるとされる「キャピキシル」や医薬品に近い育毛、発毛効果が期待できる「ピディオキシジル」など。最新の育毛成分が開発され商品化されています。

成分の配合濃度も自由

最新の育毛成分を自由に配合できるのが化粧品の特徴ですが、合せて配合濃度も最大濃度まで自由に配合することが出来ます。最新の育毛成分「キャピキシル」「ピディオキシジル」を最大濃度配合したフィンジアがその代表です。

配合されている全成分の表示義務がある

最新の育毛成分を自由に配合することが出来るスカルプエッセンスには、配合されているすべての成分を表示する義務があります。医薬品や医薬部外品にはそのような義務はありません。

一般的には配合濃度の高い順に成分が表示されているためどのような成分がどのような割合で配合されているのかを知ることが出来ます。但し、詳細な配合量までは分かりません。

副作用の有無

化粧品に分類されるスカルプエッセンスの場合、基本的には天然由来の肌に優しい成分が使われていることが多く、副作用の心配は医薬品や医薬部外品に比べ、さらに低くなります。

唯一の副作用と言えば、配合されている植物由来の成分に対するアレルギーが合った場合に起こる、頭皮のかぶれや湿疹ぐらいでしょうか。

発毛剤・育毛剤・スカルプエッセンスのメリット、デメリット

デメリット

発毛剤

・副作用が起こりやすい

・初期脱毛の可能性がある

・専門医の処方せんが必要

・薬剤師による適正使用の確認が必要

・20歳以下は使用不可

・女性に対する使用制限有り

育毛剤

・発毛剤に比べ効果が緩やか

・効果には個人差がある

・即効性がない

・使用感が合わない

スカルプエッセンス

・公的に効果、効能が認められていてない

・発毛剤に比べ効果が緩やか

・効果には個人差がある

・商品による効果の差が大きい

メリット

発毛剤

・発毛効果がある

・効果の実感が早い

・ヘアサイクルが正常に整う

・公的に効果、効能が認められている

育毛剤

・育毛効果がある

・副作用の心配が少ない

・値段が手頃

・公的に効果、効能が認められている

スカルプエッセンス

・最新の育毛成分を試せる

・発毛、育毛効果が期待できる

・副作用の心配がほとんどない

・種類が豊富

発毛剤・育毛剤・スカルプエッセンスの選び方

薄毛対策をはじめる場合、まずは副作用の少ない医薬部外品やスカルプエッセンスを試してみてはいかがでしょうか?

個人的には、医薬品の「ミノキシジル」「フィナステリド」と似た効果が期待できる最新の育毛成分「キャピキシル」「ピディオキシル」配合のフィンジアをおすすめします。

私自身フィンジアを試すようになってから、抜け毛がぐっと減って驚いています。髪のハリも出てきたせいか全体的に髪が増えた感じがします。このような体感が出来たのもフィンジアの最新成分のおかげだと思います。

フィンジアなら副作用もなく試せるので安心ですよ。

⇒フィンジアの効果は嘘!?40代ハゲのブログ

関連記事

・フィンジアの効果は嘘!?40代ハゲのブログ

・フィンジアは薬局・ドラッグストアで買えるの?

-豆知識

Copyright© フィンジア 口コミ , 2018 All Rights Reserved.