ハゲ 特徴

投稿日:


ハゲやすい人がいるのは本当なのか?

実はハゲやすい人とハゲにくい人がいるのは本当なのです。もしあなたがハゲやすい人の場合、今から対策を取らないとヤバいことになるかも・・。

そこで、ハゲやすい人の特徴をまとめてみました。

ハゲやすい人の特徴ベスト5とは?

ハゲやすい人の特徴をご紹介します。2つ以上当てはまる方は要注意です。

その1:家系に薄毛の人がいる

抜け毛の90%以上がAGAが原因!?

薄毛やハゲで悩む人の90%以上がAGA(男性型脱毛症)だと言われています。

AGAは、男性ホルモンのテストテロンが頭皮に存在する5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつくことで、強力な男性ホルモン「ジヒドロテストテロン(DHT)」に変換されます。

DHTは、毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと呼ばれる受容体と結合することで脱毛因子の「TGF-β」を増やします。

「TGF-β」は、もう一つの脱毛因子「FGF-5」に伝達され「毛乳頭に髪を抜け!」と命令を出します。

男性ホルモンレセプターの感受性は遺伝する

この男性ホルモンのレセプターの量が多い人やレセプターの感受性が高い人、つまりDHTが結合しやすい人が薄毛になりやすいと言われています。

男性ホルモンのレセプターの量や感受性は遺伝によって決まっているので、家系に薄毛の多い人はレセプターが多く、感受性が高い可能性があります。

そのことが顕著に見られるのが、前頭部や頭頂部の毛乳頭には男性ホルモンレセプターがありますが、後頭部や側頭部の毛乳頭にはありません。

発毛因子を増やせば抜け毛も減る

FGF-5は、脱毛因子ですが、正反対の働きをもつ発毛因子の「FGF-5S」の存在も確認されています。

発毛因子の「FGF-5S」は加齢により減少するため、脱毛因子の「FGF-5」が発毛因子の「FGF-5S」より多くなることが抜け毛を加速させます。

そのため脱毛因子を減らして発毛因子を増やせば抜け毛を防ぐことが出来ます。

その2:食生活が乱れている


ファーストフードや脂っこい食事が中心となっていたり、ダイエットで極端な食事制限をしている場合は髪の栄養が不足して抜け毛の原因となります。

ハゲやすい食べ物

揚げ物やスナック菓子などの脂っこい食べ物はハゲやすい食べ物の代表格です。脂分が多い食べ物は血液の循環を悪くするため髪の成長を妨げます。

髪が成長するには、毛乳頭が毛細血管から十分な酸素と栄養を受け取ることで毛母細胞に髪を増やす命令を出す必要があります。

しかし、脂っこい食べ物によって血液が悪くなると毛乳頭に十分な酸素と栄養が運ばれなくなり髪の成長がストップします。

ハゲにくい食べ物

ハゲにくい食べ物とは、髪の成長に必要な成分と頭皮環境を整える成分がたっぷり配合されている食べ物です。

具体的には、

・納豆や大豆に含まれるイソフラボン
・生の牡蠣に含まれる亜鉛
・豚レバーや鶏レバーに含まれるビタミンB2
・かつおやマグロに含まれるビタミンB6
・赤ピーマンやパセリに含まれるビタミンC
・すじこやいくらに含まれるビタミンE
・かつお節やしらす干しに含まれるメチオニン

などの食べ物が髪の成長や頭皮環境を整えハゲ対策には有効です。

その3:タバコを吸う


タバコはハゲへの片道切符と言われるほど悪い習慣です。絶対に吸わない方がいいですよ。

血行不良を招く

タバコに含まれる有害物質のニコチンが体内に入ると血管をキュッと収縮させることが確認されています。

血管が収縮すると血液循環が悪くなるため、髪の成長や頭皮環境を整えるために必要な酸素や栄養が毛乳頭に届きにくくなります。

ビタミンを破壊する

タバコを吸うとニコチンが体内に吸収されますが、ニコチンは、活性酸素を大量発生させることで細胞や栄養を破壊します。

この活性酸素を無害化するために消費されるのがビタミンCです。毛細血管はコラーゲンで出来ていますが、コラーゲンの生成にはビタミンCが必要です。

活性酸素によってビタミンCが不足すると毛細血管が弱くなりますし、血行を促進するビタミン Eや髪の細胞分裂を促すビタミンBも減少します。

肝機能を低下させる

ニコチンは私達の身体に様々な悪影響を与える成分なので肝臓がニコチンの無害化に向けて24時間働き続けます。

しかし、肝臓も徐々に疲弊することで肝機能が低下し、ニコチンの無害化が進まなくなります。

その結果、ニコチンの影響が高まりハゲやすい頭皮環境を招くことになります。

ジヒドロテストテロン(DHT)を増やす

タバコにはニコチン以外にも多くのハゲに結びつく有害物質が存在します。その一つにアセトアルデヒドがあります。

アセトアルデヒドが体内に入ると、AGA(男性型脱毛症)の原因となっている「ジヒドロテストテロン」を増加させることが分かっています。

実は、ジヒドロテストテロンは肝臓で無害化することが可能ですが、肝機能が低下した肝臓では十分な無害化は出来ません。

その4:ストレスを受けやすい


仕事や家庭でストレスを多く抱えている人はハゲになる危険が高まります。

ストレスを受けると交感神経が優位になって血管が収縮します。血管の収縮は血液の流れを悪化させ髪や頭皮に十分な栄養が届かなくなります。

栄養不足では髪が育たなくなるため抜け毛のリスクが高まります。

抜け毛を良く観察すると、毛根が髪の毛よりも膨らんでいて、色が抜けて白っぽい状態であれば正常な抜け毛になります。

しかし、毛根が細く、色が黒っぽい状態であればストレスによる抜け毛の可能性が高くなります。これは、毛根が成長途中で抜け落ちてしまった証拠です。

その5:パーマやヘアカラーをしている


パーマは強烈なアルカリ性が多く、弱酸性の頭皮に刺激が強すぎるためです。パーマをする際にピリピリと刺激を感じるのはアルカリ性の刺激が強いせいです。

ヘアーカラーの場合は「酸性染料」が多く含まれているため肌荒れのリスクが高まります。

パーマやヘアカラーを繰り返すと髪が細くなることでボリュームがなくなったり、頭皮への刺激が広がって接触性皮膚炎になる場合もあります。

パーマやヘアカラーは髪や頭皮環境を悪化させ薄毛を加速させる危険があります。

噂はマジ?こんな人はハゲる?


エッチな人や生まれつき髪が少ない人はハゲやすいという噂を聞いたことがあるはず。

その真相は本当なのか?

エッチな人

エッチな人というのは、男性ホルモンのテストテロンが多い人と言い換えることも出来ます。

男性ホルモンのテストテロンが多いということは、抜け毛の要因となるジヒドロテストテロン(DHT)の生成も多くなり結果的にハゲやすくなる。

ということが考えられますが、DHTが増えても、毛乳頭にある男性ホルモンレセプターの感受性が低ければ脱毛因子の「TGF-β」も生成されません。

つまり、男性ホルモンが多いからと言って必ずハゲやすいという訳ではありません。

髪が少ない人

髪が少ない人は、生まれつき毛乳頭が小さいために髪が細くボリュームがありません。

毛乳頭が大きい人は髪が太くしっかりしているので加齢によって髪が細くなってしまっても極端に目立つことはありません。

しかし、生まれつき毛乳頭が小さいことで髪が細くボリュームがない人は髪が細くなることでハゲているように見られがちです。

そのため育毛対策をしっかり行う必要があります。

体毛が濃い人

体毛が濃い人もエッチな人と同様に男性ホルモンのテストテロンが多い人です。

男性ホルモンが多い場合は抜け毛になる可能性は高くなりますが、それだけが抜け毛が増える要因ではありません。

可能性が高くなるというのは間違いないので気を付けてください。

まとめ

いかがでしょうか。ハゲやすい人の特徴をご紹介しました。

ポイント

・家系に薄毛の人がいる
・食生活が乱れている
・タバコを吸っている
・ストレスが多い
・パーマやヘアカラーは習慣

以上の人はハゲやすい特徴に当てはまるので気を付けてください。

特に家系に薄毛の人が多い人は、AGA(男性型脱毛症)のリスクが高いのでしっかり対策を取るようにしましょう。

関連記事

・【薄毛対策】髪を太くする食べ物・習慣の極意
・シャンプーでの抜け毛がヤバイ本数は?何本なら大丈夫?
・てっぺんがハゲてきた時の正しい対処法とは?

-豆知識

Copyright© フィンジア 口コミ , 2019 All Rights Reserved.