キャピキシルとピディオキシジル

投稿日:

フィンジアには、天然由来の成分「キャピキシル」と「ピディオキシジル」と呼ばれる2つの成分が配合されています。いずれの成分も効果・効能が認められた医薬品成分ではありませんが薄毛の改善に効果を実感されている方が多くいらっしゃいます。

結論から言いますと、キャピキシル、ピディオキシジルは、効果・効能が認められた医薬品成分ほどの効果はありませんが、副作用の危険性はなく、その他の育毛剤等に配合されている成分の中ではトップクラスに効果を実感できる育毛・発毛成分です。

その理由を詳しくご紹介します!

キャピキシルの効果と特徴

キャピキシルは、化粧品会社Lucas Meyer Cosmetics社(カナダ)によって開発された成分で、天然由来の「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」という2つの成分から作られています。

キャピキシルは、日本で唯一発毛する成分として認められていて、AGAの治療でも使用されている「ミノキシジル」の3倍の効果があると言われるほど発毛・育毛効果に優れた成分です。

しかも、それほどすごい効果があるのに副作用がないことでも知られています。そのため女性の方にも安心です。

5αリダクターゼの抑制

キャピシルに配合されているアカツメクサ花エキスには、ビオカニンAというイソフラボンが豊富に配合されていて、抜け毛の原因とされる、男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン」の発生原因となっている「5αリダクターゼ」を効果的に抑制します。

その結果、ジヒドロテストステロンの発生が阻止され抜け毛を防ぎます。

コラーゲン・たんぱく質の生成

健康な髪の毛の毛乳頭(髪の根本部分)には良質なコラーゲン、たんぱく質が多く存在しています。そのおかげで髪の毛が頭皮にしっかり根付いているので必要以上に抜け落ちる心配がありません。

逆に、髪の毛の毛乳頭に存在するコラーゲン、たんぱく質が低下すると髪の毛は抜けやすくなり、薄毛の原因となります。

キャピキシルに配合されているアセチルテトラペプチド3には低下したコラーゲンやたんぱく質を再生する働きがあります。これはアセチルテトラペプチド3が持ている細胞修復機能によるものです。

頭皮の炎症を抑える

頭皮の炎症は通常薄毛改善に関係ないように思われます。しかし、頭皮に炎症があることで、せっかくの栄養成分が頭皮の炎症を修復するために使われるので毛髪の成長を阻害します。

キャピシルに配合されているアカツメクサ花エキス、アセチルテトラペプチド3には頭皮の炎症を抑え毛髪の成長をサポートします。

血行促進させる

キャピシルは、血行促進作用によって毛根や毛髪に栄養が満たされることでヘアサイクルを整えて抜け毛を防ぎ髪の成長をサポートします。

毛母細胞を活性化させる

キャピシルは、髪の成長に大きな影響を与える毛母細胞を活性化することで、太く長い髪の成長を促します。

キャピキシルの副作用

キャピシルはミノキシジルの3倍の効果がある!というほどの成分なので一見すると副作用も心配になります。

ミノキシジルの副作用と言えば、多毛症、顔や足のむくみ、低血圧、肝臓への影響、頭皮のかゆみ・湿疹、立ちくらみ・めまい、など。比較的軽いものから重篤なものまで様々な副作用が報告されています。

しかし、キャピキシルはこのような副作用の心配はありません!

というのも、キャピシルに配合されている成分、アカツメクサ花エキスは天然由来の成分なので体に害はありません。その証拠に天然成分はシャンプーや化粧品をはじめ様々な商品に含まれる成分です。

もっというと、外用として使用する以外にも内服することもあるほど安全性は高い成分です。

もう一つの成分アセチルテトラペプチド3に関してもアミノ酸分子で出来た成分なので体に害はありません。アミノ酸はスポーツドリンクをはじめプロテインやサプリメントなど体内に摂取する商品にも積極的に使われているほど安全です。

キャピキシルで初期脱毛は起こるのか?

キャピキシルで初期脱毛が起こるのか気になっている方もいらっしゃるかもしれません。でも安心して下さい。キャピシルで初期脱毛は起こりません!

その理由は、内服タイプのミノキシジルタブレットを服用した場合は一定数の初期脱毛が確認されていますが、ミノキシジルでさえ外用タイプの場合初期脱毛は起こらないので、キャピキシルを頭皮に使っても初期脱毛の心配はありません。

このことは、キャピキシルを開発したLucas Meyer Cosmetics社の公式サイトにも「副作用の心配はありません」と記載されています。

通常であれば個人差があるのでこのようにハッキリと副作用の心配を否定することはありませんが、よほど安全な成分だということだと思います。

ピディオキシジルの効果と特徴

育毛・発毛効果が公的に認められた医薬品成分として有名なのがミノキシジル。そんなミノキシジルと似た成分がピディオキシジルです。別名をミノキシジル誘導体と呼ばれるほどミノキシジルと似た育毛効果が期待できます。

さらに、ミノキシジルの唯一の欠点とされる副作用の心配がない成分としても注目を集めています。そんなピディオキシジルの効果をご紹介します。

毛母細胞の増殖作用

ピディオキシジルには、シアル酸やEDF、PPTEなどの成長因子が含まれているので毛母細胞の働きを活性化させることで太く長い髪に成長させることで薄毛を改善します。

血行促進

血流をスムーズにすることで血液に含まれる栄養や酸素が毛乳頭に届けられ髪の成長を助けます。

ヘアサイクルの改善

一般的に正常なヘアサイクルは、2年~6年の成長期を経て、2週間の退行期、3ヶ月の休止期へと移行して髪が休止期の期間に抜け落ちます。

しかし、このヘアサイクルが乱れると、成長期が数カ月~1年と極端に短くなり、髪の毛が十分に育つことなく休止期へと移行することで髪の毛がどんどん抜け落ちてしまいます。

ピディオキシジルは、この乱れたヘアサイクルを正常なヘアサイクルに改善する効果が期待できます。

ピディオキシジルの副作用

ピディオキシジルは、副作用のないミノキシジルとして開発された経緯があるのでかぶれや湿疹、初期脱毛などの副作用の心配はありません。

実は、ピディオキシジルはより安全性を確認するために、ウサギやモルモットの目や皮膚にピディオキシジルを投与した実験もされていて、その場合でも一切の刺激がないという実験結果を出しています。

皮膚はまだしも、目に投与しても刺激がないっことはすごいですよね。このことからもピディオキシジルは副作用のない安全な成分だということが分かります。

キャピキシルとピディオキシジルはスゴイ!

最近ではAGA治療を受ける方も増えてきましたが、その治療で使われる薬に「ミノキシジル」と「フィナステリド」があります。

実は、キャピキシルとピディオキシルはこのAGA治療で使われている2つの医薬品成分に似た働きをすることが分かっています。

ミノキシジル・・育毛、発毛効果がある

フィナステリド・・抜け毛を防ぐ効果がある

ミノキシジルが育毛、発毛を担当して、フィナステリドが抜け毛を防ぐことで効果的に薄毛を改善します。

実は、キャピキシルとピディオキシジルもこれと似た働きがあるんです!

ピディオキシジル・・育毛、発毛効果が期待できる

キャピキシル・・抜け毛を防ぐ効果が期待できる

いかがでしょうか?本当に同じような効果がありますよね。違いはミノキシジルとフィナステリドは厚生労働省が認めた医薬品成分なのに対して、キャピキシルとピディオキシジルは効果効能が公的には認められていないという点だけです。

どうして公的に認められていないのか?

キャピシルとピディオキシジルはどうして厚生労働省に医薬品成分として公的に認められていないのか?やっぱり効果がないからじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、これはそんな簡単なものではありません。

実は、キャピシルとピディオキシジルはまだ開発されてからそれほど年月が経っておらず、公的に認めてもらうために必要な期間や臨床データが揃っていないことが考えられます。

したがって、今後は日本でもキャピシルとピディオキシジルが医薬品成分として認められる日が来るかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?キャピシルとピディオキシジルが医薬品レベルの成分と同等の効果があることが分かっていただけたと思います。

今のところ、ミノキシジルやフィナステリドなどの医薬品成分のような効果はないかもしれませんが、それ以外の育毛剤の中では副作用の心配がないキャピシルとピディオキシジル効果や安全性の点から言っても一番効果と安全性が期待できる成分だと思います。

⇒フィンジアの公式サイトはこちら

関連記事

・育毛剤・発毛剤・スカルプエッセンスの違いとは?

・薄毛ストップ!今日からできる生活改善

-豆知識

Copyright© フィンジア 口コミ , 2018 All Rights Reserved.