フィンジア アルコール

投稿日:


フィンジアにはアルコール(エタノール)が配合されていますが、これは他の多くの育毛剤にも同様に配合されていることから危険な成分ではありません。

一部の敏感肌やアルコール(エタノール)に対してアレルギー反応を持った方には、痒みやヒリヒリする刺激を及ぼすこともあります。

詳しくご説明しますね。

フィンジアのアルコール(エタノール)とは?


フィンジアには配合されているアルコールはエタノールと呼ばれるものです、一般的にアルコールは、エタノールやメタノールなどアルコール類の総称をあらわします。

多くの場合「アルコール=エタノール」と思って頂ければ間違いありません。

アルコール(エタノール)は他のほとんどの育毛剤にも配合されていることから危険はありませんがいったいどんな役割があるのか調べてみました。

アルコール(エタノール)の役割


フィンジアや他の育毛剤に配合されるケースの多いエタノールの役割は大きく4つ。

育毛成分を抽出する役割

フィンジアには様々な育毛成分が配合されています。中には水に溶けにくい性質を持つ成分もあるのでエタノールによって育毛成分を抽出する必要があります。

また、エタノールは水にもなじみやすいことから、抽出した油が水に溶けやすくすることですべての成分をうまく配合することができます。

育毛剤の劣化を防ぐ

フィンジアには多くの天然成分が配合されているため開封後には外部から侵入する雑菌によって成分の劣化がおこります。

エタノールは雑菌の繁殖を抑え配合された成分の劣化を防ぎます。

殺菌作用の効果がある

頭皮には常在菌が一定の割合で存在しています。これにより他の雑菌の侵入を防ぐ効果がありますが、常在菌が増えすぎるとフケや炎症の原因にもなります。

エタノールの殺菌作用が必要以上に常在菌を増えるのを防いで頭皮環境を整えてくれます。

皮脂を溶かして浸透力を高める

頭皮には皮脂と汗が混じりあって出来た天然のバリア機能が備わっています。これにより育毛剤などの異物の侵入を阻止しています。

エタノールはこの皮脂を溶かすことで育毛成分を頭皮に侵入しやすくします。

アルコール(エタノール)の危険性


アルコール(エタノール)が頭皮に刺激となる危険性は大きく2つあります。

頭皮の乾燥を招く

皮脂を溶かす

頭皮は皮脂にバリアを形成することで皮膚の水分を蒸発しないように守っています。

エタノールには皮脂を溶かす作用があるため、必要以上に皮脂を溶かしてしまうと肌内部の水分が蒸発して頭皮の乾燥を招きます。

水分を奪う

エタノールは揮発性があるため、頭皮から蒸発する際に水分も一緒に奪ってしまいます。頭皮の乾燥はフケの発生に繋がります。

さらに大量のフケが発生すると毛穴を詰まらせ炎症の原因となります。

アレルギー反応が出る

エタノールがアレルゲンとなる

敏感肌や肌の弱い方の中には、エタノールに対してアレルギー反応が出てしまう方がいらっしゃいます。

この場合は、アルコール(エタノール)を配合しない育毛剤の使用がおすすめです。

肌に合わない場合は返金保証で解決!


フィンジアを利用して頭皮に何らかの異常が出た場合は、すぐにフィンジアのコールセンターに電話して相談することをおすすめします。

フィンジアのコールセンターには毛髪診断士の方が常駐しているので適切なアドバイスをもらえるはずです。

それでも使用が困難な場合は30日間全額返金保証があるのでそちらを活用するといいですよ。

まとめ

いかがでしょか。フィンジアに配合されているアルコ―ル(エタノール)の危険性と敏感肌の方への注意事項などをご紹介しました。

ポイント

・フィンジアのアルコール(エタノール)は基本的には安心。
・敏感肌の方や肌が弱い方は少し注意が必要
・エタノールにアレルギーがある方は買わない方がいい!

という内容でした。
アルコール(エタノール)を使っていない育毛剤を探す方が難しいぐらい一般的に多くの育毛剤で使われている成分なので神経質にならなくても大丈夫ですよ。

関連記事

・【薄毛対策】髪を太くする食べ物・習慣の極意とは?
・抜け毛を減らすサプリメントの選び方とは?

-豆知識

Copyright© フィンジア 口コミ , 2019 All Rights Reserved.